神在祭

出雲大社

ようやく今年の神在祭が終わりました。

一般に旧暦10月を「神無月」言いますね。全国の八百万の神々が1年に1度、「神事(かみごと)」を司られる「大國主大神」さまがお鎮りになります出雲大社に集まられ、人々の“しあわせ”の御縁を結ぶ会議「神議(かみはかり)」がなされる故事に由来するそうです。出雲地方では旧暦10月は神さまがお集いになられる月なので「神在月(かみありづき)」となります。

 

これが一般的なお話。

 

今年、出雲に行かれた神は二柱でした。

スサノオノミコト様を含め三柱となります。

八百万の神の半分以上は、相談所(天安河原)におりました。

遠い過去はわかりませんが、最近はいつものことです。

 

 

この祭事は、神にとって重要で、日本国の神と外国の神の外交神事なのです。

この日、日本の重要拠点である出雲に外国の神様が来られます。

それをお迎えする三柱の神。

今年も無事終わりました。

外国の神様は、荒御霊が強く、神事中に炎に姿を現し、力を鼓舞しました。

下の写真では、神が人の形となって力を現しています。

出雲神在祭の神事の火